無料ブログはココログ

オンコロジー関連

2017年2月27日 (月)

前立腺癌(去勢抵抗性)

ザイティガ錠について

[販売名]ザイティガ錠 250 mg

[一般名]アビラテロン酢酸エステル

[効能・効果]去勢抵抗性前立腺癌

去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)とは

ホルモン療法により、男性ホルモンの分泌が抑えられているにもかかわらず悪化する前立腺がんのことを「去勢抵抗性前立腺がん(きょせいていこうせいぜんりつせんがん)」または「CRPC(シー・アール・ピー・シー)」と呼ぶことがあります。CRPCは、専門的には「外科的去勢、薬物による去勢状態で、かつ血清テストステロンが50ng/dL未満であるにもかかわらず病勢の増悪、PSAの上昇をみた場合、抗アンドロゲン剤の投与の有無にかかわらず、CRPCとする」すなわち「男性ホルモンが出ないような処置がされていて、血液中の男性ホルモンの濃度も非常に低いにもかかわらずがんが進行したり、腫瘍マーカーのPSAの値が上昇している状態」と定義されています。

ザイティガ®は1日1回、通常1,000mg(1錠250mg×4錠)を服用します。なお、ザイティガ®

プレドニゾロンというお薬を併用しますが、服用のタイミングは必ずしも一緒ではなくて構い

ません。

プレドニゾロンとの併用について

ザイティガ®は、男性ホルモンとともに、体に必要な他のホルモンも抑えてしまうため、
不足したホルモンを薬で補う必要があります


人間の体の中では、毎日様々なホルモンが作られています。これらのホルモンのうち、一部は男性ホルモンと同じくコレステロールを原料としています。ザイティガ®はコレステロールから男性ホルモンが作られる過程を抑えるはたらきがあるため、一部のホルモンが不足してしまいます。
その不足するホルモンを「プレドニゾロン」というステロイド薬で補給する必要があります。

2016年6月24日 (金)

オンコロジー関連

1.体表面積・およびクレアチニンクリアレンス算出のための計算機

       http://www.jcog.jp/doctor/tool/calc.html